のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

種類による違い

のれんの生地は、織り方や素材によって、多くの種類が有ります。
その一つ一つについて、すべてここで説明するのは大変難しい為、
ここでは代表的な物について説明して行きます。


のれんで使われる生地の素材は、大きく分けて三種類です。
昔ながらの素材である麻と綿、そしてポリエステルなどの化学繊維が、
現在使用される事が多い素材になります。


麻の特徴ですが、見た目は他の素材に比べると織目が粗く、涼しげな布です。
植物の茎などの繊維から作られていますが、引っ張られても破れにくく、
のれんに適した素材です。


綿は麻に続いて、長く使われて来ている素材です。
綿の見た目は織り方にも寄りますが、普通の平織りの場合は
麻よりも織目が細かく、柔らかな布です。


綿は綿花と言う植物の実から作られ、肌触りが良く染色をした場合に
きれいに発色すると言う特徴が有ります。


ただし厚く織られた帆布などの場合は、染色するのが難しく、手間が掛かります。
化学繊維は近年、のれんに使われる様になった素材です。


ここでは代表として、ポリエステルの特徴について説明します。
ポリエステルの見た目は、織目がとても細かく、とても光沢が有ります。


強度も強く、しわなども付きにくい為、洋服などにもよく使われます。
水に濡れてもすぐ乾き、化学繊維の為、虫に食われてしまう心配も有りません。


ここまで簡単に説明して来ましたが、現在では様々な種類の化学繊維があります。
また布の織り方もかなり多い為、組み合わせによって多くのメリット・デメリットが生まれています。


気になった布の特徴は、各自で調べてみて下さい。

 

種類  耐久性  丈夫さ  強さ  良さ  サイトマップ