のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

シャンタン

雰囲気

 のれんは染色に応じて耐久性や風合いなどが変わります。
従来は風除けや日除け、目隠しなどが主な利用方法だったのれんも、
現代においては販促効果を期待する目的で利用するお店やイベント会場での
企業ブースなど多岐にわたっています。


染色には本染め、昇華転写捺染め、顔料染め、反応インクジェットなどの
方法がありますが、これらの染め方法を活かす生地を選ぶ事も大切です。


例えば、シャンタンは厚手の綿素材で、太い筋模様が特徴です。
のれん素材の中でも上位に位置付けが行われており、高級感、風合いを持つ事からも、
こだわりを持ちたい人からの人気を集めています。

高い人気


横方向に対して玉糸を使っているので、正面から見ると縞模様が見える、
麻などの素材に似せた高級感や風合いを持たせる事が出来る、綿素材の
しなやかさを持つなどの魅力、高級感を持つのれんを作る事が出来るのも
強みの一つです。


スラブは艶感を持つ素材で、不規則な太さの糸を使ったもので、
材料の特徴が独特の地模様を作りだす魅力を持ち、シャンタンと同じように
表面に艶感があります。


尚、シャンタンは本染めや顔料染めなどの染め方法で利用する事が出来る生地です。
本染めの場合は、すべての工程を職人が手作業で行うので、伝統美への
こだわりを感じられる風合いを持たせる事が出来ます。


顔料染めは耐光性が高い染め方法で、風合いにおいては本染めよりも
劣りますが、生地を選ぶ事で、高級感や風合いを持たせる事が可能になります。

 

種類  耐久性  丈夫さ  強さ  良さ  サイトマップ