のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの役割

イベント

 のれんはお店の目印や顔になることが多いですが、それをかけてない場合
お店の中の様子が丸分りになり、立寄らなくてもどんな商品を
販売しているか外から見てわかってしまいますし、逆に完全に見えないと
どんなものを売っているお店かわからず、怖そうで入れないといったことにもなります。


見えそうで見えない、でも隙間からちょっと見えるといった状態は
興味をそそったりもするのです。

興味をそそる


さて、のれんは街の店舗だけでなく、お祭りの出店で使ったり、
物産展のブース、それにイベントにおいては展示ブースなどで使われることもあります。


そういった場合、ど派手にすると目立つので多くの人の興味を惹くことが出来ます。
ですが、そうはしたいものの目立つものを製作してもらうと多色を使った染めになりがちです。


そうすると染めに多くの工程が必要となり、おのずと高額になっていきます。
一時的なイベントであれば、のれんだけにそれほど予算はかけられないことが多いはずです。

予算のかけかた


そのような問題を解決出来るのが化学繊維素材にインクジェットで印刷する製作方法です。
この方法だと安価に製作することが可能です。


ですので、ど派手なものも大丈夫ですし、ブースなどにかけて使うだけでなく、
のれんをノベルティとして配ることも可能になります。


のれんというのはどこか懐かしいイメージもありますし、多くの人に喜ばれると思います。
それにそれを貰った人がどこかでかけて使ってくれたら宣伝にもなります。

 

 

種類  耐久性  丈夫さ  強さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  サイトマップ