のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの役割 生成りののれん

暖簾専門店で注文する生成りののれん

 京都のれんでは、幅広い種類の布地と印刷手法にてのれん製作が可能です。

 

布地の種類は色や図柄がはっきりと伝わるエステルキャンバスを始め、
店舗や宿泊施設にて多く用いられる定番綿やエステルスラブなどが挙げられます。

 

この他にも麻を用いた生成りの布も取り扱っており、素朴さや伝統的な雰囲気、
シンプルで上品な雰囲気を演出したい時におすすめです。

 

この布を使ったのれんは店舗以外にも、個人でも多くの方が注文しています。
暖簾専門店の京都のれんでは、布地以外に印刷手法も幅広く対応可能です。

 

印刷用データから直接印刷できるインクジェット方式では細かい線が表現できる他、
色数の制限もありません。

専門店

 

一方で昔ながらの染め抜きは、細かい線は表現が難しくなるもののロゴや絵柄を
はっきりと美しい色合いで表現できるのが特徴です。

 

この他にも家庭用や目隠しで利用したい場合などは、文字やイラストを入れない
無地のものも購入できるようになっています。

 

暖簾専門店京都のれんでのれんを注文する手順

暖簾専門店であるこちらの会社では、企業や店舗以外に個人でも注文可能です。
のれんを注文する場合には、まず電話やメールにて希望のイメージを伝えます。

 

この時に出来上がりのサイズやのれんの枚数、用いる素材や印刷方法などを詳細に
伝えることでより正確な見積もりを出すことが可能です。

 

またオプションで防炎加工もつけられることに加え、他に希望や相談したいことが
あれば受け付けられるようになっています。

データ入稿

 

製作する際にイラストレーターやフォトショップ等でデータ入稿すると、
デザイン費をおさえることが可能です。

 

一方でデータがない場合やデータ製作が難しい場合などは電話やメールにて伝える、
FAXにてラフ画を送付するといったことでこちらの会社で新たに作ることもできます。

 

提案されたデザインを確認後、問題がなければのれんの製作となり、それが完了
すると希望ののれんを受け取ることが可能です。

 

データ入稿する場合には、暖簾専門店のホームページにある仕様に合わせて
データを作成します。

 

種類  耐久性  丈夫さ  強さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  生成りのれん  サイトマップ